漢方薬の効能・効果 > 胃潰瘍、胃炎

胃潰瘍、胃炎

胃炎、胃潰瘍の場合の漢方薬の使用は症状の改善に効果が期待できます。

胃炎や胃潰瘍の人は、みぞおちを軽く押すと抵抗と痛みがあることが多いです。このような症状がある人で、比較的体力が充実している場合、「ハンゲシャシントウ」や「オウレントウ」といった漢方薬が用いられます。一方、体力がない人の場合は、「ニンジントウ」や「リツクンシトウ」が適しているとされます。

肋骨とおなかの境の部分を押してみて、抵抗感と痛みがある人で、体力が充実しているタイプには、「サイコケイシトウ」を用います。また、おなかにピシャピシャという振水音がし、急逝胃炎の人に対しては、「ゴレイサン」という漢方薬がいいでしょう

胃炎や胃潰瘍が慢性化すると、へその下のあたりを押すと抵抗感や痛みを感じる場合があります。これは、漢方医学において「ショウフクコウマン」と呼ばれる状態で、「アンチュウサン」「サイコケイシトウ」を用います。

ただし、漢方薬は、西洋薬と異なり、病名や症状だけから適切な処方を選択することは出来ません。病気の人それぞれの「証」といって、体質、体力、抵抗力、病気の進行具合などを総合的な判断して用いる漢方薬を決定するのです。証の判断は、漢方医学の専門家にゆだねるのが理想的です。ここで示した漢方薬は、あくまでもおおよその目安と考えてください。
また、食中毒や虫垂炎(盲腸)、腸閉塞など、急を要する病気によって腹痛が生じている場合もあります。したがって、医師の判断を仰いでから、漢方薬の服用が適切であるかを決める必要があるでしょう。