現代医学が「病気を治す治療法」であるのに対し、漢方医学は「病人を治す治療法」であるといわれます。つまり、現代医学では病名に基づいて治療方針が決定されるのに対して、漢方医学ではその人の体質や体力、抵抗力、あるいは病気の進行の程度を意味する「証」に基づいてそれに最も適した漢方薬を決定するのです。
このため、現代医学の目でとらえた場合には同じ病気で、同じ西洋薬を処方されるような場合であっても、漢方医学では、その人それぞれに応じて、違う漢方薬が選ばれるのです。したがって漢方医学においては、その人の「証」を正確に見定めることが治療の最大のポイントとなります。

「証」とは?
漢方医学における治療方針の決定、つまり漢方薬の選択は、それぞれの人の「証」に基づいて行われます。代表的な「証」には次のものがあります。
1.虚実・・・虚証と実証
2.陰陽・・・陰証と陽証
3.気・血・水

1.「虚実」とは、患者の体質と体力の質的な充実度を示すもので、基本的、かつ重要な証です。
2.「陰陽」とは、病気の進行の具合と体力の消耗度をみるものです。病気の勢いとその人の体力の関係を量的な面からとらえて割り出します。
3.「気・血・水」とは、漢方医学における身体の生理機構を意味する言葉です。漢方医学では、身体が病気に犯されている状態と病気の進行具合を意味する言葉として「病邪侵攻」という言葉は用いられます。