漢方薬の効能・効果 > 虚証の特徴

虚証の特徴

近年、西洋医学の面からの裏づけが積極的に進められていることもあり、漢方医学による治療が急速に広がりつつあります。

漢方医学における治療方針の決定、つまり漢方薬の選択は、それぞれの人の「証」に基づいて行われます。代表的な「証」には、1.虚実(虚証と実証)、2.陰陽(陰証と陽証)、3.気・血・水があります。
特に注目されるのが、「虚実」です。虚実とは、患者の体質と体力の質的な充実度を示すもので、基本的、かつ重要な証のことです。

虚実について、実証と判断される特徴を以下にあげます。

・筋肉質、筋肉が硬い。
・いかり肩
・がっちり、どっしりしている。
・ヘソが深く、大きい。
・顔の造作が太く、大きい。
・胃腸が丈夫。
・便秘がち。
・しっかりと歩く。
・首が太い。
・骨太。
・顎が角ばっている。
・声は太く大きく力強く、発音がはっきりしている。
・苦いものでも平気。
・積極的気質。
・自己肯定的。
・目に力があり、大きい。
・活動的。
・指が太い。
・腹壁が厚く、弾力がある。
・線が太い感じ。
・働いてもすぐ疲れがなおる。
(竜野一雄による)

これらの特徴と対極的にあるのが、虚証ということになります。漢方医学では、同じ症状を持つ人が受診をしても、異なる漢方薬を服用することになる場合があるのも、その人それぞれの「証」に基づいて有効な漢方薬が判断されるからです。また、実証と虚証の間のタイプとして、中間証(間証)というタイプもあります。漢方薬は、作用は穏やかですが、副作用がないわけではありません。証の判断を誤るとかえって症状を悪化させることもありますので、専門医にかかることをお勧めします。