漢方薬の効能・効果 > 漢方薬の得意分野と漢方専門医

漢方薬の得意分野と漢方専門医

近年、西洋医学を用いる医療機関でも、漢方薬を治療に取り入れるところが多くなってきています。

現代医学では効果がなかった難病が、漢方医学で改善するという例が実際にあるからです。

しかし漢方薬は万能薬ではありません。

それは西洋薬と同様です。現代医学が効果をあげている領域、たとえば癌治療など、もありますし、漢方医学が得意とする分野もあります。

漢方薬が比較的効果をあげている領域は、以下の通りです。

・片頭痛、肩こりなどの習慣的疾患

・花粉症などの季節的疾患

・月経痛などの周期的疾患

・虚弱体質や冷え性などの流行性疾患

●漢方専門医
西洋医学による治療を行っている大学病院や公立の病院でも漢方薬による治療を併用して取り入れているところはありますが、本格的に漢方治療を受けたい場合には、やはり漢方の専門医にかかるほうがよいでしょう。

漢方専門医というのは、医師免許をとったうえでさらに漢方の勉強もした人たちのことをさします。

ただし現在の日本では、漢方医、あるいは漢方科といった名称を掲げることは法律で認められていません。

したがって、漢方医学を専門的に扱う機関や医師を求める場合には、漢方薬のメーカーや医師団体に問い合わせてみてはいかがでしょう。

また、口伝でそのような医師、あるいは医療機関を探す人も多いようです。

漢方薬は、現代薬と比較して副作用が軽いとはいえますが、素人判断で用いるのは好ましくありません。

市販の漢方薬を用いる際にも、自己判断に頼るべきではないでしょう。