漢方薬の効能・効果 > 高血圧症と漢方薬

高血圧症と漢方薬

循環器の病気として、高血圧症、低血圧症、動悸といった症状に漢方薬は一定の効果があります。

高血圧症の人は、概して身体がしっかりとしたタイプが多く、活動的で、積極的です。

これは漢方医学の観点からは、「陽証で実証」と分類されます。

そのため、高血圧症に対して用いられるのは、ほとんどが陽証、実証向きの漢方薬です。

そのなかで、それぞれの症状に合わせて、適切な漢方薬が選択されます。

たとえば、便秘を伴う場合には「大柴胡湯(だいさいことう)」や「サンオウシャシントウ」、不眠やいらいらの場合は、「サイコカリュウコツボレイトウ」、肩こりやめまい、頭痛、には「黄連解毒湯(おうれんげどくとう)」といったように、症状に応じて適切な漢方薬が判断されるのです。

一方、虚証タイプ、つまり体力が弱いタイプの人でも高血圧症の方はいます。

そのような方に向く漢方薬もあります。

こちらは冷えや排尿障害に対して効果があるといわれる漢方薬「八味地黄丸(はちみじおうがん)」などが使われます。

この薬は、お年を召した方に用いられます。

つまり、漢方薬は、降圧効果を目的で用いられることももちろんありますが、むしろ高血圧症に伴う、肩こりや頭痛、のぼせ、めまい、不眠、不安感などの自覚症状に対して効果を期待されているのです。

したがって、多くの場合、降圧薬との併用療法や、減塩、低脂肪食などの食事療法の継続が必要となります。

注意:漢方薬は、西洋薬と異なり、病名や症状だけから適切な処方を選択することは出来ません。

病気の人それぞれの「証」といって、体質、体力、抵抗力、病気の進行具合などを総合的な判断して用いる漢方薬を決定するのです。

証の判断は、漢方医学の専門家にゆだねるのが理想的です。

ここで示した漢方薬は、あくまでもおおよその目安と考えてください。