漢方薬の効能・効果 > 頭痛と漢方薬

頭痛と漢方薬

「釣藤散(ちょうとうさん)」は、しばしばお年よりに見られるような、のぼせや肩こり、耳鳴りなどを伴うような、朝の起床時の頭痛などには、効果を発揮する漢方薬です。この薬は、体力は比較的ある人で、動脈硬化、神経症、更年期障害からくる頭痛に悩んでおられる方によく処方されます。
「七物降下湯(しちもつこうかとう)」は、体力が低下ぎみの高血圧症に用いられる薬ですが、頭痛も用いられます。ただしこれらは胃腸が強い人むきであり、胃腸が弱い方への処方は避けられます。特に、七物降下湯は、胃腸が弱い人に用いると、胃腸障害や下痢を引き起こす要因になります。
したがって、胃腸が弱い人の頭痛に対しては、七物降下湯の代わりに「桂枝人参湯(けいしにんじんとう)」、あるは「半夏白じゅつ天麻湯(はんげびゃくじゅつてんまとう)」を処方します。これならば、胃腸障害がある方の頭痛に有効です。
また、「葛根湯(かっこんとう)」は、風邪薬として知られていりますが、配合されている成分のなかで「葛根湯(かっこん)」や、「麻黄(まおう)」、「桂枝(けいし)」、「芍薬(しゃくやく)」に、筋弛緩作用や血管拡張作用があることから、頭痛にも有効とされます。
ただし、漢方薬は、西洋薬と異なり、病名や症状だけから適切な処方を選択することは出来ません。病気の人それぞれの「証」といって、体質、体力、抵抗力、病気の進行具合などを総合的な判断して用いる漢方薬を決定するのです。証の判断は、漢方医学の専門家にゆだねるのが理想的です。ここで示した漢方薬は、あくまでもおおよその目安と考えてください。