漢方薬の効果・効能について

夜尿症夜尿症

夜尿症は、複雑な要因がからんで起こります。 自律神経系や精神的な要素が強く、しつけも関係します。 漢方薬はとても効果があり、また一度効き目があると、それがお子さんにとって自信につながることから、さらに症状が改善することが・・・

漢方薬の選択漢方薬の選択

漢方医学における治療方針の決定、つまり漢方薬の選択は、それぞれの人の「証」に基づいて行われます。 代表的な「証」には、1.虚実(虚証と実証)、2.陰陽(陰証と陽証)、3.気・血・水があります。 「虚実」とは、患者の体質と・・・

鼻アレルギー鼻アレルギー

鼻アレルギーの症状には、くしゃみや鼻づまり、鼻水があります。 その他、涙がとまらなくなる、顔や鼻がむずむずする、目がかゆい、といった症状がでることもあります。 なかでも毎年、春先になると多くの人が苦しめられる花粉症です。・・・

漢方薬と健康保険漢方薬と健康保険

漢方治療は、昭和51年に、厚生省が漢方薬の健康保険治療の適用を承認するようになって以来、見直しが行われ、広く普及するようになってきました。 しかし、すべての漢方薬に健康保険がきくわけではありません。 現在のところ処方数は・・・

糖尿病糖尿病

現在、糖尿病および糖尿病予備軍といえる人たちの数が増えています。 成人の糖尿病は、すい臓から出るインスリンの分泌量が減り、血液中の糖分が正常に分解されないために体内に取り込まれずに、血液中に残ってしまう病気です。 そのた・・・

漢方薬の飲み方漢方薬の飲み方

最近は、大学病院や公立の病院でも漢方治療を行うところが増えてきています。 厚生省が漢方薬の健康保険適用を承認して以来、漢方治療の基礎的研究もさかんに進められ、現代医学の面からの効果の裏づけがされるようになったからです。 ・・・

不眠症不眠症

疲れていて眠いはずなのに布団に入ると目が覚めてしまう、なかなか寝つけない、寝ても朝早く目が覚めてしまい、一度目が冷めると再び眠りに就くことができない・・・不眠症は、当人にとって非常につらい症状です。 悶々としながら布団の・・・

漢方薬の得意分野と漢方専門医漢方薬の得意分野と漢方専門医

近年、西洋医学を用いる医療機関でも、漢方薬を治療に取り入れるところが多くなってきています。 現代医学では効果がなかった難病が、漢方医学で改善するという例が実際にあるからです。 しかし漢方薬は万能薬ではありません。 それは・・・

漢方薬の副作用漢方薬の副作用

漢方薬は、全般的に現代薬(西洋薬、化学薬)と比較して作用が穏やかな薬といえます。 副作用も比較的少なく、軽いといわれます。 しかしまったくないわけではありませんから、素人判断で用いるのは、禁物です。 そもそも漢方薬は、個・・・

陰陽陰陽

漢方医学における治療方針の決定、つまり漢方薬の選択は、それぞれの人の「証」に基づいて行われます。 代表的な「証」には次のものがあります。 1.虚実(虚証と実証) 2.陰陽(陰証と陽証) 3.気・血・水 漢方医学では、病気・・・

漢方薬と気管支炎漢方薬と気管支炎

咳や痰などに悩まされる気管支炎は、つらいものです。 特にお年寄りの場合、夜になって寝るときに咳が出てとまらなくなるということがあります。 そのような場合、漢方薬が効果を発揮することがあります。 お年寄りに限らず、かぜを引・・・

高血圧症と漢方薬高血圧症と漢方薬

循環器の病気として、高血圧症、低血圧症、動悸といった症状に漢方薬は一定の効果があります。 高血圧症の人は、概して身体がしっかりとしたタイプが多く、活動的で、積極的です。 これは漢方医学の観点からは、「陽証で実証」と分類さ・・・

虚実虚実

虚実は、漢方薬の決定に重要な鍵となる証のひとつです。 「虚証」とは、病邪が体内に残っていないにもかかわらず、当人の精気や体力がすでに衰えてしまっている状態をいいます。虚証のタイプの人の特徴として、皮膚や筋肉が軟らかく、や・・・

虚証の特徴虚証の特徴

近年、西洋医学の面からの裏づけが積極的に進められていることもあり、漢方医学による治療が急速に広がりつつあります。 漢方医学における治療方針の決定、つまり漢方薬の選択は、それぞれの人の「証」に基づいて行われます。代表的な「・・・

証

現代医学が「病気を治す治療法」であるのに対し、漢方医学は「病人を治す治療法」であるといわれます。つまり、現代医学では病名に基づいて治療方針が決定されるのに対して、漢方医学ではその人の体質や体力、抵抗力、あるいは病気の進行・・・

漢方薬のせんじ方漢方薬のせんじ方

現代薬と異なり、漢方薬の場合は、1日分を水でせんじて飲むことが必要です。誤った方法では、せっかくの漢方薬の有効成分を充分にせんじ出すことができません。 では、漢方薬をせんじには、どうしたらいいのでしょうか。 まずは、それ・・・

漢方薬とは漢方薬とは

漢方治療では、「生薬(しょうやく)」と呼ばれる薬効のある動植物や鉱物を幾つか組み合わせた薬を用います。これが漢方薬です。生薬の配合の仕方や配分は、長年の臨床経験から体系化されてきたものです。一般的に穏やかな作用をするのが・・・

薬の併用薬の併用

抗がん剤などの西洋薬を服用している人が、漢方薬を併用したいと思われる場合もあるでしょう。 現代薬と漢方薬を併用することについては、併用することで効果がある場合があります。たとえば、西洋薬によって生じた、副作用が、漢方薬に・・・